4.11「QUINTET.1」優勝は下馬評通りの強さを見せたPOLARIS Dream Team!!

世界初となるプロのグラップリングイベント「QUINTET」の旗揚げ戦が4月11日、両国国技館で開催。4チームによって争われたトーナメントで下馬評通りの強さを見せたPOLARIS Dream Teamが桜庭率いるHALEO Dream Teamを下し、優勝を果たした。

ph01
トーナメント

4月11日、両国国技館にて『QUINTET.1』が開催された。
桜庭和志が手がけるグラップリング大会である『QUINTET』は、団体戦(5人制)・抜き試合の4チームによるトーナメント。独自のルールに加え豪華メンバーも格闘技ファンの話題となっていた。
闘いの舞台はリングでもケージでもなくレスリングマット。史上初の試みだけに、何が起こるか誰にも分からない中で、まずは桜庭率いるHALEO Drema Teamと石井慧を中心としたJUDO Dream Teamが対戦した。

ph02

試合前はお互いに礼をしてはじまった

ph03

中村は時間ぎりぎりのところで腕ひしぎ十字へ。惜しかった

ph04

新鋭の出花と対戦した桜庭。いきなり腕ひしぎでピンチかと思わせたが……

先鋒戦の中村大介vs小見川道大、次鋒戦の桜庭vs出花崇太郎と、出だしから2試合連続で時間切れ引き分けに。やや観客のフラストレーションがたまりかけたところで、HALEOチームの中堅、所英男がキム・ヒョンジュに腕十字で秒殺一本勝利。ここで一気に会場の熱気が上昇した。

ph05

電光石火の一本勝ちを決めた所

ph06

所の秒殺勝利に会場は大いに沸いた

ph07

所勝利により、2分間のインターバルが与えられる。その間にチームのメンバーが作戦を授けているところが団体戦ならではの光景

続く所vsユン・ドンシクはエゼキエル・チョークでユンが勝利し、星を五分に戻す。しかし今度はHALEOチームの副将マルコス・ソウザが腕十字で一本勝ち。団体戦らしい“抜き合い”の展開になった。

ph08

鮮やかな一本勝ちを奪った所だが、ユン・ドンシクの前に一本負け

ph09

噂通りの強さを見せたマルコスがユンから戦慄の一本勝ちを奪った

ph10

4分間では時間が足りず、石井自身は不完全燃焼だったようだ

JUDOチームは大将・石井を残すのみ。引き分けでもHALEOチームの勝利が決まる。しかもソウザvs石井は体重差が20kg以上あるため、試合時間が通常の半分、4分となる。凄まじい勢いで攻めていった石井だが、柔術の強豪であるソウザはタイムアップまで守りきり、引き分けに。ここでJUDOチームは全員脱落、HALEOチームの決勝進出が決まった。体格で不利な選手の引き分けがチームの勝利にとって意味を持つ、団体戦・抜き試合ならではの一戦だった。

ph11

10人抜きを豪語したジョーンズが先鋒で登場。いきなり一本勝ち

ph12

今回のSAMBOチームの秘密兵器だったのは実はセルゲイ。ジョーンズに一本を決めさせず、貴重な引き分けを勝ち取りジョーンズの10人抜きをストップさせた

もう一つの1回戦では、グラップリング、柔術のスペシャリストを揃えたPOLARIS Dream TeamがSAMBO Drema Teamに圧勝してみせた。
先鋒で登場したクレイグ・ジョーンズがミンダウガス・ベルツビカスを得意の足関節技で攻め、ヒザ十字で一本勝ち。続くセルゲイ・グレチコ戦は引き分けとなったが、リードをキープして次鋒のマーチン・ヘルドにバトンタッチする。

ph13

代打で登場したヘルドが大活躍!! 一気に2人抜きを達成!

ph14

SAMBOチームの大将、マリウスは一本こそ決められなかったが、ヘルドと分け。POLARISチームは3人残して決勝進出を果たす

このヘルドもまた足関節技の名手。今大会はヒールフックが禁止だが「それなら別の技を使えばいいだけ」と中堅ビクトル・トマセビッチにヒザ十字固めで勝利。さらに副将のテオドラス・オークストリスとの試合ではハーフガードからスイープしながらヒザの関節を極めてタップさせる。ヘルドはそのままSAMBOチームの大将であるマリウス・ザロムスキーとも引き分け。HALEOチームは3人残しての勝利となった。まさに余力充分と言っていい。

ph15

初戦に登場しなかったジョシュ・バーネットが先鋒で登場したが、グレゴーにうまく分けに持ち込まれ無念の脱落

そして決勝戦。1回戦で試合がなかった選手を優先させるルールのため、HALEOチームは自動的にジョシュ・バーネットが先鋒に。「ジョシュ先鋒」が分かっていたため、POLARISチームとしては戦略が立てやすかったという。
POLARISチームは先鋒でグレゴー・グレイシーをぶつけ、体重差のため4分となった試合時間をしのぎきってジョシュを“消す”ことに成功。試合後のジョシュは「グレゴーレベルの選手に4分で勝つのは難しい」と語った。

ph16

桜庭の大ファンのストラウスが大活躍!! 中村、所と連続で絞め落として一本勝ち

中村、所連続でやられただけに、ここはストラウスをしとめたかった桜庭

ストラウスとの対戦中、何度かニヤッとする場面もあった桜庭。ストラウスを極めきれず引き分けに持ち込まれた

そこからPOLARISチームは次鋒のダン・ストラウスが中村をリアネイキッドチョーク、所をギロチンチョークで下し、大量リード。さらにストラウスは「自分にとってのアイドル」という桜庭と対戦し、疲労もありながら引き分けに持ち込む。

ph19

マルコスはアクシデントにもめげず、宇野から一本勝ち

この時点でHALEOチームは大将のマルコス・ソウザのみ。POLARISは3人を残した状態だ。ソウザと中堅・宇野薫の試合は序盤、ソウザの目に指が入るアクシデントがあったものの、再開するとソウザがタックル、そして腕十字と速攻を仕掛けて一本。優勝への望みをつなぐ。

ph20

さすがのマルコスもジョーンズの前に惜しくも一本負け。ヘルドを残しPOLARIS Dream Teamの優勝が決まった

だが、ここで再び登場したジョーンズが得意パターンである下から足をとってのヒザ十字でソウザを秒殺。1回戦、決勝とも圧倒的と言っていい強さを発揮し、POLARIS Dream Teamが優勝を果たした。

ph21

紙シリーズ第何弾?になるのか、今回は紙のメダルを作成。優勝チームに桜庭自ら授与した

ph22

お見事! 初代王者となったPOLARIS Dream Team

表彰式では、主催者として桜庭がハンドメイドのメダルをPOLARISチームの選手たちに授与。「自分で自分たちに渡そうと思ってたんですけど」と苦笑した桜庭だったが、「また平日になるかもしれないですけど」と言いながらも次回大会の開催にも意欲を見せた。
ルールについては「微妙な調整」が必要と語った桜庭だが「今日は今日で、初っ端としては面白くなったと思います。チームでやると違いますね。楽しかったり悔しかったりも」という総括コメントも。桜庭の勝利はなかったが、プロデュース大会という形で新たな“桜庭ワールド”が始まったと言えるだろう。ちなみに入場者数は主催者発表で4039人だった。
(リポート/格闘技ライター・橋本宗洋)

ph23

最後は桜庭和志が選手からプロデューサーに戻りご挨拶した

大会結果はこちら