柔術が本気で攻めてきた! 6.9 ディファ有明大会に“柔術界の至宝”サトシ・ソウザ、日本柔術最強軍団CARPE DIEM参戦!

5月10日、都内で軽量級チーム日本一を争う6.9「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO -Light Weight Team Championship-」の記者会見が行われ全4チームを発表。注目はムンジアル準優勝のサトシ・ソウザと日本柔術界最強と言われるCARPE DIEMの参戦だ。

ph01
記者会見

 5月10日(木)、都内で行われた6.9「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO -Light Weight Team Championship-」の記者会見で、大会プロデューサーの桜庭和志より出場4チームならびに出場選手が発表された。すでに発表されていた所英男率いるTEAM TOKORO PLUS αと中村大介率いるTEAM U-ZUKIDOの他に新たに発表されたのが、現在柔術界で間違いなく世界のトップ選手と言われるホベルト・サトシ・ソウザ率いるTEAM HALEOと、日本柔術最強軍団の呼び声高いTEAM CARPE DIEMの2チームだ。

ph02

 TEAM HALEOのリーダー格は前回のQUINTET.1で大活躍したマルコス・ソウザの実弟であり、ムンジアル(柔術世界選手権)準優勝の実績を持つホベルト・サトシ・ソウザだ。兄のマルコスのように柔術の技術のすばらしさをQUINTETルールでもいかんなく発揮することができるのか、期待したいところだ。

ph03

 この他のメンバーはQUINTET.1では柔道チームで出場した小見川道大、金原正徳、宮田和幸が決定している。残り1名に関しても会見に出席した三崎代表は「残り1名も大物を予定しています」と語っているだけに、どんな選手が出てくるのか楽しみだ。

ph04

 ホベルト・サトシ・ソウザの出場も柔術界にとっては大きなニュースではあるが、さらに衝撃なニュースとなったのは、現在の日本最強柔術軍団と言われるCARPE DIEMの参戦だ。

 出場5人が全員黒帯で、さらにこのメンバーは柔術でもポイントとることを重視するタイプではなく、極めにこだわる選手ばかり。QUINTETでは柔術着ではなくラッシュガードを着用して試合をするいわゆるNO-GIではあるが、そのNO-GIの対応力も高い選手達となれば、QUINTETルールでも存分に強さを見せつけることができるだろう。

ph05

「『柔術家はグラップリングも強いんです』というところを見せたい。普段の練習では9割道着を着てますが、ブラジル人柔術家がアブダビで勝ってきた歴史もありますし、道着さえやっていればNO-GIでも強いんだというのが僕らの中にあるんで、それをお見せしたいです」と会見に出席した石川代表は力強く語った。

ph06

 そんな石川代表が警戒しているのはやはりTEAM HALEOのホベルト・サトシ・ソウザ。「サトシ選手は2〜3人抜くんじゃないかと思っている。ダントツ、別格。他のメンバーが誰がサトシ選手を止めるのか、分けに持ち込むのも難しいかも。あとは、ヤノタクさんが怖い。変則的なタイプに柔術家は弱いので」

 柔術最強軍団の代表がサトシ選手を警戒しつつ、同じように警戒しているヤノタクこと矢野卓見がいるチームは所英男率いる「TEAM TOKORO PLUS α」だ。

ph07
ph08

 チームリーダーである所英男がチーム編成時に真っ先に思い浮かんだのがZSTで共に闘ってきたメンバーたち。変速タイプといわれる矢野を始め、足関十段の今成正和や小谷直之、伊藤盛一郎と実力は侮れないメンバーたちだ。結束の固さが4チーム中ナンバー1ともいえるだけに、どんな作戦で勝ち抜いていくのかご注目いただきたい。

 そして、最後に中村大介率いるTEAM U-ZUKIDOだが、本日発表されたのは、スネークピットジャパンの井上学とジョシュ・バーネットの秘蔵っ子ビクター・ヘンリーの2名のみ。残り2選手に関しては現在も調整を続けている。そんな中村がメンバー説明をしている途中に「今回は2人しか決まってなくて、あと2人なんですけど、他のチームに通用するメンバーを入れたいんですが……桜庭さん、出ていただけたりとかっていうのは……」とまさかの桜庭和志にオファー!! 「聞いてない……。話が違う! 今、100kgあるんで、いや120kgあるんで」と言いつつ「田村さんに頼めばいいじゃん」とまさかの逆襲に!! これには中村が「頼みたいですけど……いろいろと……」としどろもどろに。桜庭和志の参戦はあるのか、はたまた……。TEAM U-ZUKIDOのメンバーはどうなるのか、今後の動向が気になるところだ。

ph09
ph10
ph11

 全4チームとも個性あふれたチーム編成で非常に楽しみになってきた6.9ディファ有明大会だが、前回同様、大会当日はAbema TVの生放送が決定している。なお、今回は総体重が360kgということで、ルールが一部変更となり体重差が10キロの場合は試合時間が4分となる。このあたりも勝敗の行方が大きく左右されるだろう。果たしてどのチームが栄光を掴むのか。チケットは5月11日(金)より各プレイガイドで発売。今回は平日開催ではないので、ぜひ会場でQUINTETをお楽しみください。

大会概要はこちら